消費者金融の規制緩和

世の中一般的に規制緩和されている状態ですが、消費者金融はどちらかと言うと規制が強化されていいます。例えば、総量規制という規制が出来ました。これは簡単に言えば、年収の三分の一以上の貸付を禁止する法律です。逆を言えば、年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなった、と言うことでもあります。また、無職の人にも貸せなくなりました。

 

正確に言えば、無職と言うよりは無収入の人に貸せなくなりました。不労所得でもあれば、それは所得と見なされますから、借りることはできます。言うまでもありませんが、借りるときにはしっかりと計画を立てることが必要です。つまり、返済計画です。出来るだけ良い条件で貸してくれるところを探すことも大事ですが、返済のほうがもっと大事です。

 

いくら借りて、月々いくら返せば、いつ返せるのか、と言うことをしっかりと把握しておけば、それで十分です。それを実行すればよいだけの話です。いうまでもありませんが、それなりに大変なことです。計画がその通り進めばこれ以上ないことです。だからといって何もしないのはよくないことです。計画はしっかりと立てることです。

 

それとキャッシングと言うのは基本的にフリーローンです。つまり、特に使用目的が限定されないローンと言うことです。しかし、借りるときには一応、何に使うのか、と言うことを申告する必要があることがあります。そのときには正直に答えることです。別に罰則があるわけではありませんが、とりあえず正直に答えておいたほうが良いです。
詳細詳しく即日キャッシング比較※今すぐ借りれるのはココ!

消費者金融利用のための必要書類

消費者金融をりようするための必要書類は、本人を証明する書類と収入を証明する書類です。実際に融資を申し込むには、これに加えて印鑑が必要になります。借り入れの条件によっては、収入を証明する書類が必要でない場合もあります。本人を証明する書類の種類には、運転免許証や保険証、住民票、パスポートなどがあります。

 

これらの本人確認書類は、無人機でキャッシング会社の融資の契約をするとき、無人機に読み込ませたり、コピーをして郵送するという手続きをとります。こののち、必要事項を連絡すれば、融資が完了します。なお、引っ越しをして間もない場合は本人確認の書類に記載されている住所と実際の住所が異なっていることもありますので、書類の内容はかならず事前に確認するようにしましょう。

 

もし、本人確認書類の住所と現住所が違っているという場合は、キャッシング会社に税金の請求書などの現住所に届いた郵便物を提出することが必要になります。ただし、これらを提出できるのは融資を申し込む6か月以内に届いたものに限りますので注意しましょう。収入を証明する書類は、融資の時に必要となる場合もあれば、そうでない場合もあります。

 

収入を証明する書類をキャッシング会社に提出するかどうかは、利用者の融資金額によって異なってきます。借り入れの希望額が50万円以上、または他社との借り入れと合わせて100万円以上の借り入れを希望する場合のみ、収入を証明する書類が必要となります。なお、初めて借り入れをする場合で30万円以下の借り入れを希望する場合は、収入を証明する書類は必要書類から除外できます。